症状別の来院理由ランキング

2020年9月現在の来院理由で多い症状をご紹介します。

▽1位 腱鞘炎
辛い症状で、長期戦になりやすい症状です。お医者さんから手術を勧められている方も、何とか自然治癒で治したいという方が多いです。治るのに半年から一年ほどかかることもある症状ですので、それ以上悪化しないようにその期間の痛みを抑えながら、最短での回復を目指します。

▽2位 手の疲労・だるさ・むくみ
パソコン・スマホで自覚して手が疲れたという人が増えています。手・腕だけほぐしてほしいという人も多いです。

▽3位 ゴルフ・テニスでの不調
ゴルフ肘やテニス肘が多いですが、最近は肘に限らず手首の痛みや腕のこわばりを一緒に感じる人が多い印象なので、不調という形にまとめてランクイン。肘や手首は、他のスポーツや楽器をやっている人を含めると順位が上がりそうです。

▽4位 しびれ
手先や腕にしびれが出ている方も少なくないです。首、肩、背、脇、肘、手根と部位ごとに原因がバラバラなので対策方法も異なるのがセルフケアの難しい症状です。

▽5位 ハンドマッサージ
単純にハンドマッサージを受けたいという方も。整体サロンなので何か不調がある方の来院がほとんどですが、こういう理由で来てくれるのも嬉しいです。

〇番外編
▼肘のねじれ
別の理由から来院されたお客様と話しをしいると、実は肘のねじれを気にしてた!って方が何人かいました。思ったより気になっている方が多そうです。

▼肩の不調
四十肩の様な辛い不調のケアのためにハンドを受けに来ていただいている方もいらっしゃいます。あまり腕の運動ができないことや、強張って筋肉が硬くなっていることが多いため、肩の不調にもおすすめです。

関連記事

  1. 不調の出にくい身体を目指そう!