コース概要

当コース【腕専門整体】は、手指、腕、手首、肘をメインにした整体コースです。
手・腕の不調にお悩みの方、疲労を取りたい方などどなたでもご利用いただけます。
どうぞお気軽にご相談ください。

〇このような方に

▶手や腕を休めたい
▷手や腕に辛さがあり日常生活でもストレスになっている
▶仕事や家事で手を休める時間がない
▷手や腕を長く使うとだる重くなり集中できない
▶趣味のスポーツや楽器、読書やゲームに支障が出ている
▷病院に行っても改善しない、手術を勧められる
▶骨に異常はないと言われたが不調が続いている
▷手・腕に時間をかけてくれる治療院が見つからない
▶手・腕の不調がこのまま続くのか不安になる

1⃣手腕の不調の特徴は?

手や腕の不調には明らかな原因がないことが多く、その症状の性質から「酷使すること」が最大の原因と言われます。
確かに美容師さんが腱鞘炎になったりテニスをやっていて肘を痛めれば、酷使することで関節が疲労し不調が起こったというのは正しいでしょう。ただ、力仕事や長時間のデスクワーク、家事育児など手・腕を日常的に酷使する方は非常に多くいますが、必ず手や腕に不調が出るなんてことはありません。
パソコン、スマートフォンが普及した現代では誰にとっても手の役割が増えています。誰にでも手・腕の不調が出やすい環境と言えます。どいういう条件で手や腕に不調が出るかが大事です。

2⃣手腕の役割から考える不調の原因とは

人の腕が体の中でも細い部位だというのは言うまでもありません。これは手や腕がパワーを発揮するよりも繊細な動作を可能にするように進化したからです。腕は力を抜きリラックスした状態でうまく動きます。反対に力んでいると自然に動かすことができません。

・歩いている時もスマホを手放さない方
・タイピングで強く叩いてしまう方
・身体が硬いからとラケットを腕の力で振ってしまう方
・電車の手すりにつかまり腕で体重を支えている方
・ペンをギュッと握り筆圧が濃くなってしまう方
・買い物袋を肘にかける方

軽いものだと思ってずっとスマホを握っていれば手は力を抜くことを忘れ固まります。パソコン仕事でキーボードを強く叩いてしまうのは、手の力が抜けずうまく制御できていない証拠です。手に負担をかけないように荷物を肘にかけているはずが、その動作は腕の循環不良の原因になっています。このように意図せず間違った手腕の使い方になっていることが多くの不調の原因になり、無意識であることから何に気を付ければいいのかわからないという方が非常に多いです。

3⃣手腕のケアをしていますか?

手腕は疲労を感じやすいところではありません。
日常的によく動かすため疲労を蓄積しているはずですが、疲れている状態がデフォルトになりやすく、さらに大昔から人類を悩ませている腰や肩の疲労に意識が向きがちなため後回しにされがちです。長時間のパソコン仕事で動き続けているのは手指なのに、デスクワークに代表される不調は肩こりや腰痛です。ただしその原因は手腕の疲労にあるかもしれません。

①腕が疲労し重くなり肩の負担が増加
②重さに負けて内巻き肩・いかり肩・なで肩に
③頭が前に倒れ背中が丸まる
④腹筋が使えず骨盤バランスが崩れる

手腕の疲労を放置することで全身に不調の出やすい状態がつくられる場合があります。「どこが疲れているか」という実感も大事ですが、手腕は疲労したくらいなら普段通り動いてくれますので注意が必要です。手腕のケアをすることは、肩こりなど身体の不調の予防にも効果的です。すでに手・腕・指・手首・肘に不調がある場合、それは手の酷使はもちろんですが、日頃の手の使い方が間違っていないか、そもそも手のケアをすることがあるかを改めて考えてみてください。

手・腕の専門的なケアをご希望の方へ

当サロンの特徴

当サロンは数少ない手・腕を専門に扱う整体院です。今までは手・腕の不調は整形外科を受診する方がほとんどでした。ただ手術を前提とした医療に頼らず、身体に元々備わっている自然治癒力によるケアを選択する方が増えています。そのため不調に対して身体の動き・バランスから不調の原因を見つけることを得意としている整体・カイロプラクティックの技術による代替療法への需要が高まっています。

日本では肩コリや腰痛などのメジャーな不定愁訴へのアプローチを得意としていますが、比べて手腕の不調に関する分野は遅れています。藤沢北口カイロプラクティックでは数年前から徐々に手腕の患者が増え始め、不調の改善の研究をしてきました。パソコン・スマホが普及している時代背景から手腕の不調を訴える方が急増しています。手や腕は一般的な整体院では触れられないこともあるような部位ですが、当サロンは手腕を軸に身体を診ていくこともできると考え現在も一人ひとりの症状に合わせた技術を追及しています。