ハンドリフレクソロジー

手のひらの反射区

足裏のツボ押しを受けたことがある人は多いでしょうが、手のひらはどうでしょうか。
足ツボは、ツボといっても鍼灸師さんが扱うツボではなく、反射区という体の各器官につながると言われる部位を刺激して活発にしよう!という感じです。その反射区というのが手のひらにもあります。これを刺激していくのがハンドリフレクソロジーです。手のひらを部位ごとに何か所にも分けて丁寧に圧をかけていくのが非常にリラックス効果が高く、好きな方が多いテクニックでもあります。

手のひらを押してみよう!

足つぼもそうですが、ハンドリフレクソロジーの目的は健康の維持です。不調の改善としての効果より、調子はそこまで悪くないけど日々の疲れは感じるという方がケアとして使うテクニックとなります。一部の決まった不調があるからと、対応する部位をゴリゴリ押しても治癒的な効果はありません。気になる部位は多少丁寧にほぐすくらいにして、それよりも手のひら全体を流すようにして総合的な回復力を押し上げることを得意としています。
このことから、反射区の分布図をしっかり覚えて行うのももちろんいいですが、適当に押してみて気持ちいいところ探しながら全体的に押してみてください。気軽に習慣化できるケア方法の中では、かなりおすすめなテクニックです!

おすすめのやり方

手をほぐす時に、ほぐしている方の手が疲れるとよく言われます。確かに親指で押すのに力がいります。手のひらだと親指の付け根あたりは強く押すと気持ちいいです。そんな時は、ほぐしたい方の手を親指に押し付けると簡単に強く圧を入れられます。胸の前あたりで手のひらを向かい合わせ親指を押したいところに当てたら、手のひらで親指を押すようにすれば親指側から押すより楽に力が入ります。ただ圧の強さが大事というより、弱くても気持ちよければ効果はありますので無理に力を入れる必要もなさそうです。
オイルやクリームを使ってやることも多いですが、セルフケアの場合は手洗いやお風呂場で石鹸付けたときに流れで行うのもおすすめです。指を一本ずつ握って滑らし抜くだけでもかなり疲労を取り除けます。ぜひやってみてください!

当院のハンドリフレクソロジー

おすすめのセルフケアとして紹介したハンドリフレクソロジーですが、やっぱり人にやってもらうのが一番気持ちいいテクニックです。なかなかそれだけをやってくれるサロンも多くないと思います。当院では指先から手のひらを丁寧に流し、そのまま腕のトリートメントができます。手・指の疲労は手首から肘までも一緒に流すことで回復が促進されます。ご希望の方はお気軽にご利用ください。
 

関連記事

  1. 最高のストレス解消法

  2. なんだか手が握りにくい!という方へ

  3. TFCC損傷:手首の痛み

  4. 指は細くできるの?をまとめてみた